ワンランクアップ!ちょっとの工夫で子どもの写真をプロっぽく

子どもの写真をいつも撮っているけどアルバムを見返すとなんだかいつも同じような写真に・・・と思ったことはありませんか。

ピントの合った写真を失敗なく撮ろうということに注意がいきすぎていつも同じような写真になってしまうという方は実はとても多いのです。

どうしたらプロのような素敵な写真が撮れるのでしょうか。

スポンサードリンク

笑顔にピースだけが全てじゃない

子供

子どもの写真というとカメラ目線の笑顔+ピースサインの写真が定番化しています。

確かに一見定番の明るい印象の写真に見えますが、アルバムの写真を見返したらこんな写真ばかりでは、どうにも味気なくなってしまいます。

子供の色んな表情を残しておきませんか?

子どもの表情は笑顔だけではなくうつむいた顔、真剣な顔、少し寂しげな顔、ふてくされた顔など、実に様々な表情があります。

子どもの表情はその時その時が一瞬のきらめきを持っていると言っても過言ではないものです。その瞬間を写真に残さないのは勿体ないですね。

またピースサインもよく子どもの写真として目にしますが、簡易に撮影したスナップ写真感がまして、写真を芸術的観点で見るとあまり良い写真とはいえません。

あえて子どもに声をかけずに望遠・ズームで撮影してみたり、ピースサインはなしで撮影してみるとぐっと写真の世界が変わります。

笑顔の写真は魅力的ですが、写真=笑顔写真と考えてしまうと写真の表現が狭まってしまいます。

表情がころころ変わり、動きも多い子どもは連写で撮影すると思いがけない一枚が撮影できることもあります。

また、様々な子どもの表情を撮りたいという方は常にカメラを手元に置いておくと撮りたい時にすぐ撮影することができておすすめです。

構図に意識を持つ

走る子供

なんとなく写真は撮影対象を画面の真ん中に収めれば良いと考えている方が多いようです。

確かに中央に撮りたいものを配置する構図は写真の意図がはっきりしていますし、誰が見ても何を撮りたかったのかわかりやすいものです。

しかしながら、アルバムをめくるといつも同じような写真ばかり・・・という方はほとんどの構図が同じという方が多いのです。

あえて撮影対象を中央から少しずらしてみる、背景をかっちり全て入れようとしない、というのもおすすめです。

また写真に入れたいものを画面に全て入れようとするあまりに写真の主体がよくわからなくなってしまっているということも。

特に出かけた際の記念写真はそうなりがちで気がつけば肝心の子どもがなんだか遠くて小さい・・・なんてこともあります。

撮影スポットにもよりますが、子どもを主体にしたい場合は思い切って子どもを大きく画面に入れることを考え背景は全て入れなくてもOKくらいの感覚で良いと思います。

なんでもかんでも画面に詰め込んでしまうと何を写したいのかわからない写真になってしまいます。

プロの写真が綺麗に見えるのは「何を写したいのか」という写真の主体が明確であるからともいえます。

まずは撮影前に自分は今何を撮りたいのか?を今一度考えてみてください。

写し込みたいものが複数ある場合は主体それぞれに優先順位をつけて、それほど重要でないものは背景にしてぼかすことで色々画面に入っていてもうるさくない写真になります。

卒業!真正面写真

子供

写真を撮る時はどうしても自分の目線からの真正面写真になってしまっていませんか。

撮った写真がどれも同じように見えてしまう原因のひとつはこれも大きく起因しています。

子どもは大人よりも背丈が低く、大人の目線で撮影するとどうもピンとこない写真になってしまいます。

子どもの写真を撮る際はしゃがんで子どもと同じ目線で撮影したり、時には上から子どもを見下ろすようにして撮影したり、子どもの下から見上げるように撮影すると様々な印象変化があります。

角度や撮り方を変えるだけで写真が生き生きとし、写真での表現の楽しさも一層深まることでしょう。

大事な子どもの一瞬ですから正面からの自分の目線だけの写真では勿体ないです。

全ての写真にいえることですが、撮影はまず自分が動くこと

自分の目線や角度が変わることで意外な魅力が生まれてきます。

また写真も平坦な印象でなく、より生き生きした写真に見えるでしょう。

プロっぽい!と言われる綺麗な写真はこの「生き生きとした」ものが伝わるかどうかなのです。

ただ写すだけではなく、「表現しよう」という心意気があるかないかで、出来上がった写真の面白さがかなり変わってくるはずです。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。