スマホでもおいしそうな写真を撮るには?

味噌汁

外出時に食事をした時、カフェへ立ち寄った時においしい料理やコーヒーを前に写真を撮ってSNSにアップする方は多いものですね。

食事写真は共通の話題としても盛り上がりやすく、頻繁にSNSに投稿しているという方も多いはずです。

でも、撮った写真を見てなんだかあまりおいしそうに見えていない・・・と思った経験はありませんか?

スポンサードリンク

暗い

「せっかく撮った食事写真がおいしそうに見えない」という方の写真を見てみると、画面が暗いことに気づきます。

肉眼では綺麗に見えていた料理でもスマホのカメラを通すとお店の照明、光の具体などから画面が全体的に暗くなり、せっかくのおいしい料理も暗くてなんだかおいしくなさそうに見えてしまうということになります。

料理をおいしそうに撮るには自然光の窓辺がベストといえますが、なかなかそういった環境にばかり遭遇しません。

フライ

撮影する際は照明やライトがどう料理に当たっているか意識しながら撮影してみると改善されるでしょう。

しかし、肉眼で見た状態の色味のままおいしそうに撮影するというのは難しいものです。

デジカメや一眼レフカメラの場合でしたら露出調整やシーンモードを使うことで調整しながら料理をおいしそうに撮影することは可能ですが、スマホのカメラは残念ながらそこまでの性能はありません。

スマホアプリを活用しよう!

性能の足りなさを補うために使えるツールが写真加工アプリです。写真加工アプリを使って撮った写真に一手間加えてみましょう。

最近は料理を撮影する人が増えていることから「おいしく」「あたたかみ」といった料理を一発でおいしく見せるように加工してくれるフィルターがあらかじめあるほどです。

撮った写真をそのまま出すのではなく、アプリでちょっと補正してみることでおいしそうに見えます。

雑物

焼きそば

料理写真を載せる時においしくなさそうに見えたり、生活感のようなものが漂ってしまう原因がこの雑物です。

ここでいう雑物とは飲食店で料理を食べる際に必ず出てくるおしぼりやおしぼりの袋、ストローの袋、お冷のコップ、伝票などのことです。

これらがあるとおいしい料理が写っているにも関わらず、どこかガッカリ写真に見えてしまいます。

また、料理が主題であるにも関わらず、食事を共にした友人の身体が入ってしまっている写真もよく見かけますが、主題が不鮮明になり写真を美しく見せない原因になっています。

写真を撮る場合、余計な雑物は少し場所を移動させる、角度を変えて写りこまないようにするといった工夫をするだけで一気に写真がレストランのメニュー写真のように映えます。

ポイントとしては料理以外のものは画面に入れない、くらいの方が魅力的な写真になるのです。

人物の写り込みにしてもそうですが、料理を撮ると決めたら余計なものを入れずに低い位置でスマホをかまえて料理のみが立体的に写り込むように撮影するのがポイントです。

せっかく撮った料理写真が”残念写真”になってしまう理由を探るとちょっとしたところに気を使えていなかったという場合が多いものです。

遠すぎる

料理が到着してさぁ、スマホでパシャッとという時大体の人は自分の目線の高さでそのまま撮影して終わりというパターンが多いようにSNSでアップされている写真を見ると感じます。

確かに簡素な写真ですからそれでも構わないのですが、残念ながらそれではおいしく見える写真にはならないのです。

テーブル全体を撮影すると前述のように雑物もたくさん写り込みますし、肝心の料理は小さく写りおいしそうに見えないのです。

唐揚げ

まず、撮影する前に料理が置かれた場所・状況を読みどう切り取ったらおいしく見えるか計算します。

場合にもよりますが、テーブル全体を遠くから撮るよりは料理単独を接写するような気持ちで料理に寄って撮影すると大抵の料理はおいしそうに見えます。

このような写真に出会うと思わず「いいね!」したくなりますし、「おいしそう!」とコメントしたくなるものです。

写真を見た人がおいしそうに思うかどうか?も考えながら撮影するとよりおいしそうな写真が撮れると思います。

イメージするのはレストランのメニュー写真のようなつもりでいると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。