スマホでもおしゃれな写真を撮るには?

花

SNSを見ていると「これホントにスマホで撮ったの?」と思うようなおしゃれな写真をアップしている人をたまに見かけたりします。

そんな写真を見ると思わず私も・・・と撮ってみたくなるものですが、いざ自分が撮ってみるとなんだかいかにもスマホ写真。

おしゃれな写真を撮るにはやはり一眼レフを買わなければダメなのでしょうか?

スポンサードリンク

正方形で撮影

正方形の画像

SNSにアップされているおしゃれな写真に着目してみるとその多くが正方形の写真であることに気づきます。

この正方形の写真はInstagramの流行から徐々に浸透していき、現在ではInstagram以外の写真加工アプリでも正方形で撮影したり、正方形に写真を切り取ることができます。

写真が正方形であるメリットはSNSでも拡大しなくても写真の全体図が表示されるので感心を持ってもらいやすくなったり、正方形であることで雑物が写りにくく主題がはっきりした写真になります。

通常のスマホカメラで撮影した写真だとどうしても長方形の写真になるので本来なら画面に入れたくないものまで写り込み、いかにも手をかけずにパパッと撮ったスマホ写真に見えてしまいます。

しかし、正方形の写真ですと同じようにスマホで撮った写真でも主題がまとまって見えるため構図に自信がないという方でもある程度まとまった写真に見えるのでおしゃれに見えるのです。

写真を撮るのは好きだけど構図に自信がない、という方は正方形の写真にトライしてみるのも良いかもしれません。

画像加工・構図

こいのぼり

SNSにおしゃれな写真をアップしている方の写真を観察してみるとわかりますが、構図だけでなく写真自体の雰囲気や色のトーンがおしゃれという場合も多くあります。

大抵、写真にこだわっている方は撮ったものをそのままバーンとSNSに出すということはせず、写真加工アプリで好みの色調やフィルター調整してからアップしている方がほとんどです。

フィルター加工は撮影した写真に様々な色調のフィルターをかぶせることで、写真の雰囲気がガラッと変わります。

肉眼で見た色合いを重視したいという方もいらっしゃるかと思いますが、写真にフィルターをかけることで何気ない風景が素敵に変身したり、いつものカフェでの一コマがおしゃれに変身したりあなたの日々が素敵にアレンジされていきます。

これなら堂々とSNSに写真をアップしたくなりますね。しかしながら写真を撮る上で大事なのはやはり構図です。

日の丸構図ばかりじゃつまらない

おしゃれな写真をアップしている方の写真を見るといわゆる日の丸構図だらけの人はほとんどいません。

日の丸構図とは撮りたいものを真ん中に常に持ってくるというありきたりな撮り方のことです。

撮影対象によってはこの日の丸構図でも正解だったり、おしゃれに見えることもあります。

撮影する際は撮影対象物以外も素敵な要素を見つけて画面に入れるようにしてみてください。

雰囲気も含めて撮影できるようになるとおしゃれな写真になります。

加工しすぎはほどほどに

飴

近年写真加工アプリの進化でスマホの写真もプリクラのようにスタンプやフレーム、落書きなど様々な加工ができるようになりました。

撮影した写真にスタンプしたり、文字入れするのは楽しいものですがおしゃれな写真にする上ではちょっと落ち着きがないかもしれません。

SNSにアップされたおしゃれな写真を見てみると分かりますが、スタンプや落書き、文字入れ、派手なフレームなどは使われておらず撮影した写真にフィルターをかける程度の加工です。

スタンプやフレームで飾るのも可愛いですが、写真の主題がわからなくなりますし、せっかくの素材(=写真)が殺されてしまいますからおしゃれな写真をアップしたい際は控えてみることをおすすめします。

いずれにしてもスマホといえど、撮影する際からどんな写真を撮りたいかというイメージを頭に描き撮影する習慣をつけているとスマホでもカメラでも今後写真を撮る際にイメージ通りの写真に仕上がります。

ただ対象物を画面に納めればOK!から一歩出てみましょう。

SNSのおしゃれ写真で人気のアカウントをチェックしたり、雑誌で素敵だなと思う撮り方を真似してみてください。こんな風に撮りたい!というイメージを常に持ち続けることは大事です。

カメラを持っていなくてスマホだけという方でも楽しめる撮り方はたくさんあります。スマホ撮影に慣れてからカメラで撮影してみるのも良いですね。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。