笑顔を引き出そう!子どもの撮影テク

兄弟

子どもが産まれたことがきっかけでこれまであまり写真は撮らなかったけれど、写真をよく撮るようになったという方は多いはずです。

しかし、いざ撮ろうとするも「はい、チーズ」「はい、笑って~」出来上がった写真はなんだかぎこちない不自然な笑顔・・・。

どうしたらプロが撮影するような自然な笑顔を引き出すことができるのでしょうか。

スポンサードリンク

話しかけながら撮る

子供

子どもの写真を撮る時、大体の人がやりがちなのは声かけの少なさです。

写真を撮る際に声かけなんているの?と思われがちですが、実はこのコミュニケーションこそ自然な表情を引き出す上でとても重要なことなのです。

撮影は撮影者は機材を目の前にし、直接本人と目を合わせて話すということができません。

特に一眼レフなどの大きなカメラをお持ちの方は顔の前に大きな機材がくることになりますから、小さな子どもからすれば威圧感をどうしても感じてしまいます。

大人でもいきなり「撮ります」と大きな一眼レフを向けられてもプロのモデルやタレントでもない限り、自然な表情でカメラに収まれる人というのは少ないものです。

そこで大事になってくるのが被写体との会話です。

カメラを構えて言うことというと大抵は「はい、チーズ」「はい、ポーズ」「笑って~」といった言葉です。

確かにそれらも悪くありません。子どもに自由に動いてもらい「かわいいね~!」「とってもいいお顔だよ!」

「いいね!」「もっとこっちを向いて」と多種多様ないつも通りの言葉をかけてみると、緊張した固い笑顔でなく普段の自然な表情が撮影できます。

特にカメラに苦手意識のある子どもの場合は声かけを多めにしたり、まだ小さい場合は好きなぬいぐるみを見せたりしながら撮影すると自然な表情で撮影できます。

何枚でも撮るつもりで

子供

写真というと1枚1枚、ベストショットを撮っていくイメージがあると思います。

しかしながら動きが多く、集中力のない子どもは大人のように動かず我慢することが苦手です。

ですから一生懸命ここ!と思った時にシャッターを切ってもいざ撮影した写真を確認すると動いたためにブレていたりすることも。

子どもの写真は数撮ることにしてみましょう。

10枚撮影したうちの1枚にベストショットがあれば良い感覚でとにかくどんどん気の赴くまま、子どもに飽きがこないうちにどんどん撮ってみます。

カメラ目線から外れてもOK

カメラ目線の写真だけではなく、子どもがひとり遊びをしている時に遠くから望遠(ズーム)で撮影しても、自然な表情が撮れます。

子どもらしい仕草や表情を残したいという方はこのような撮影方法もおすすめです。

フィルム時代は撮影枚数が限られていたので一枚一枚が勝負でしたが、SDカードでどんどん撮影できるデジタル時代の今はどれだけ撮影しても大丈夫です。

デジタル時代の利点を生かし、まずは失敗を恐れずどんどんたくさん撮っていきましょう。

全てが良い写真でなくてもたくさん撮ったうちの数枚、良い写真があればOKくらいの感覚でラフに撮ってみましょう。

子ども目線で撮ってみる

子供

写真を撮りなれてない人がやりがちなのは自分の目線で撮影してしまうことです。

やはり自分の目の高さで撮影する方が体制的にもラクですし、あまりカメラを使い慣れていない人は操作することに全神経がいってしまい構図への配慮が欠けてしまいます。

子ども写真がなんだか味気ない・・・というお悩みの方の写真を見ると大体が大人の目線の写真であることが多いのです。

大人は当然、子どもより背丈も高いので大人の目の高さで撮影すると子どもを見下ろしたような写真に当然なります。

子どもの写真を撮影する際はしゃがんだり、あえて座って子どもと同じ目線の高さで撮影すると子どもと同じ目線の世界で撮影できます。

画面にも余白なく子どもが収まり、主役が子どもであることが伝わりやすくなります。

子ども自身も撮影される際は上から目線で撮影されるより自分と同じ目線の高さでカメラを向けられるほうが威圧感がなく、撮影に順応しやすいでしょう。

子どもが撮影に慣れるには時間がかかります。カメラを気軽に出し、頻繁に撮影することで子どもも撮影という行為にだんだんと慣れてきます。

良い写真を撮りたいという気持ちもよくわかりますが、まずは子どもがカメラや撮影に親しんでくれるところからはじめてみるとだんだんと良い写真が撮りやすくなってきます。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。