自撮り棒じゃなくて…今こそ「三脚」を手に入れよう!

家族写真

あなたはカメラの「三脚」を持っていますか。「カメラにこだわっているわけではないし三脚はちょっと敷居が高いな…」と思っている人にも三脚を持つメリットを知ればすぐにでも欲しくなってしまうかもしれません!

今回はそんなカメラの三脚について、お勧めするポイントや選び方を紹介していきましょう。

スポンサードリンク

人気急上昇の「自撮り棒」と、定番の「三脚」

photo (4)

カメラグッズとして最近注目度が高いのはやはり「自撮り棒」でしょう。スマートフォンやデジカメを自撮り専用の棒に設置することで、自分撮りが綺麗に撮影出来るようになりました。

韓国をさきがけに世界中で大ヒットし、日本でも若者を中心に自撮り棒で撮影する様子が珍しくない光景となってきました。

この「自撮り棒」、スマホの撮影しかできないと思っている人も多いかもしれませんが、もちろんデジカメを接続することもでき、スマホには撮れない画質の良い写真の自撮りすることが出来ます。

一方「三脚」は主に一眼レフカメラなど本格仕様のカメラやビデオカメラを設置するイメージがあり、より写真撮影を追求したい人が使用する印象が強いのではないでしょうか。

手ブレ問題も三脚なら解決できる!

三脚を使うことによって手ブレが無くなるため、望遠や夜景、接写、動画の撮影時にはとても役立つアイテムです。

今はほとんどのカメラに手ブレ機能が付いていますが、完全にブレを無くすことはできません。

ずっと同じ姿勢で制止できない人間が使用するものですから、ブレが生じることは当たり前です。しかし三脚は大きいものが多く持ち運びに不便、わざわざ組み立てる手間も考えると必要ないと思いがちです。

しかしもしあなたがカメラを持っているのなら、自撮り棒ではなく三脚をお勧めしたい理由があるのです。

三脚なんていらない?!いえいえとっても役立ちます!

撮影

本格志向ではなくても三脚があるメリットは、そこにいる人全員が入ることができ「きちんと感」を出した写真を撮影できることです。

例えば旅行先で家族写真を撮りたいと思った際に、都合よく第三者がその場にいれば撮影を頼む事ができますが、いない場合は家族内の誰かが撮影者となります。

夫婦二人の場合、また子どもの人数が少ない場合は一人抜けただけで寂しい家族写真となってしまいます。三脚はそんなときの救世主。

三脚は撮影者いらずで「きちんと感」を演出できる

背景を含めて全体写真を撮影することが可能です。

自撮り棒でも家族写真を撮ることが出来ますが、せっかくの旅行先での家族写真ですから、観光地ならではの自然や名所をバックに「きちんと感」を出した家族写真を撮ることをお勧めしたいのです。

もちろん三脚の特徴であるブレを抑えた写真を撮ることが出来ますし、撮る前に構図をしっかりと確認出来ることもポイントです。

初めての三脚、どんなものがおススメ?

三脚

そうはいっても世の中には様々な三脚があり、値段もピンキリ…何を買えばよいのかわからない人は多いと思います。是非一度販売店に出向いて触って持って数ある三脚の違いを実感してみましょう。

とにかく携帯するのに便利なものが欲しいという人は、軽量タイプを検討してみましょう。

しかしコンパクトに収納できるものは安定性が低くなります。脚部の段数が少なく収納しても長いもの、重量感がある大型三脚は価格も張りますがしっかりとした安定感があります。

初めて買うからもっと手軽なものを使ってみたいという人には、ミニ三脚がお勧めです。

テーブル三脚とも呼ばれるもので、この三脚を置ける適度な台などがあれば撮影の幅がグンと広がります。

最近は脚部が変形できる商品も販売されており、ぶら下げたり多少不安定な場所でも写真が撮りやすいものもあります。

カラフルでデザイン性が高いものもあるため、まずはここから三脚を始めてみるのも良いでしょう。

たまには「きちんと感」を出してみよう

家族

撮影した写真を見返してみると、撮影者が同じだとなんとなく似たような構図や似たような雰囲気の写真が多くなることがあります。

アップのピース写真ばかり…にならないように、たまには自然なきちんとした印象の写真を撮ってみましょう。三脚を利用するのも良し、何か記念すべき時には写真館の利用も検討してはいかがでしょうか。

仙台市青葉区や泉区の写真館にはプロのスタッフが常駐しています。そのような写真館を利用する際に、どんな風に撮影すると上手に撮れるのか聞いてみるのも良いですね。

自分のカメラや三脚を使って、時にはプロにお任せして、家族みんなが写った素敵な写真をあなたも撮ってみませんか?

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。