写真、プリントアウトしていますか?

フィルム時代は写真といえばプリントすることが前提でしたがスマホやデジカメで撮った写真はデータとして残していてもなかなかプリントしないという方も多いのではないでしょうか。

せっかくですから撮った写真もプリントして楽しみませんか。

スポンサードリンク

データだけになっていませんか

子供

スマホやデジカメで撮った写真、ついつい膨大な量のデータが保存できるあまりプリントする機会が少なくなっているということはありませんか。

プリントをしなくても友達とアプリを通してデータ交換、SNSにアップしておしまいという人も多いのではないでしょうか。

確かにデータは交換しやすいという利点があり、プリントしなくてもすぐに画面に表示できる点でアルバムを持ち歩く必要もないので非常に便利です。

しかしながらせっかく撮った写真をデータのみで残しておくのは少し味気ないものです。

特にお子さんがいるご家庭では写真を撮ることも多いことでしょう。

せっかく撮った写真をデータとしてだけ見るのではなく、プリントして楽しみませんか。写真は形になって手のひらに乗ることでデータとして画面上で見るよりもより一層の感動があるものです。

フォトブックを作ろう

アルバム

写真を一枚一枚印刷するのはなかなか面倒という方も多いのではないでしょうか。

確かにたくさん撮影した写真の中からお気に入りの写真を選択し、プリントするというのは意外と時間もかかるもの。

せっかく撮った写真なのだから形に残したいとは思いつつも、やはり時間がかかるのはちょっと・・・という方も多いですね。

アルバムに整理するのも楽しいものですが、時間がかかってしまうのが難点です。

そういった方におすすめしたいのが写真屋さんで作れる「フォトブック」です。

アルバム整理に困ったらフォトブックがお奨め

フォトブックはまるで写真集のような感覚で作れるもので、好きな写真を選択し配置していくことで1冊の写真集のようになります。

家族で出かけた思い出をまとめたり、イベントごとにまとめたりと、簡単にまとめていくことができます。

ネットでの注文もできるので忙しくてなかなか写真屋さんへ行けないという方も自宅で、簡単に上質なフォトブックができます。

スクラップブックを作ろう

スクラップブッグ

時間があって手作りも大好きという方はスクラップブックを作ってみてはいかがでしょうか。

プリントした写真を切り抜いたり、可愛いシールやマスキングテープを使って思い出を彩っていくのもおすすめです。

ページを作る過程も楽しいものですが、思い出がより一層彩られることで後々見返す時が楽しくなります。

おでかけ先でもらうチケットの半券やパンフレットを捨てずにとっておくと、スクラップブックを作成する時に役立ちます。

写真と共にもらったこれらの紙ものもスクラップしておくとより一層思い出が具体的に蘇りますね。

捨ててしまいがちな紙ものもとっておくことをおすすめします。

パンフレットもそのまま使うのではなく切り抜いたり、自分流のアレンジで楽しく使うと良いでしょう。

スクラップブックづくりは時間はかかりますが、子どもと一緒に作るのも楽しいですね。

趣味の一つとして楽しく作っていくのも良いのではないでしょうか。

スクラップブック作りはあまりに膨大な写真があると作るのに疲れてしまいますので、例えばひとつの旅行やイベントに10枚程度と決めて作っていく方がより良いものが出来上がることでしょう。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。