女性のポートレート、おすすめの撮り方3つ

女性を撮影する際、どのように撮ったらいいか迷いますね。

多くの人は頭から足先まで全て画面に納めようとするのが一般的です。

しかし、撮った写真を見るとなんだかプロが撮るグラビアや写真集の写真とは違うなぁ・・・と思うことはありませんか?

今回は女性を撮影する際のおすすめの撮り方を3つご紹介します。

スポンサードリンク

ウェストショット

ウエスト

女性を撮影する際におすすめなのがこのウェストショットです。

ウェストショットとはウェストのくびれがきちんと見える位置で画面を切る写真のことです。

グラビア等でもこのショットは一番よく使われるショットです。

女性の表情もよくわかり、スタイルもよく見えます。背景の雑物も入りにくく、すっきりした写真になります。

可愛らしいイメージの写真にしたい時は女性の可愛らしさがより引き立つショットといえるでしょう。

多くの人が写真というと撮りがちな全身ショットの写真は全体像がわかるという点は良いのですが、表情がわかりにくい・背景に雑物がたくさん入るので主題がわかりにくくなるという難点があります。

服装や全体の雰囲気を伝えたい時以外は思い切って全身を撮るという概念を捨ててしまう方が写真として、まとまりのある構図になります。

ニーショット

膝

ニーショットとは女性の膝で画面を切る写真のことです。

全身ショットよりも女性の表情がわかりやすく、服装やボディラインの美しさを強調することができます。

女性が振り向くようなポージングにするとよりボディラインが綺麗に見える撮り方です。

大人っぽい写真、セクシーな写真にしたい場合はこの撮り方で撮影すると魅力的に見えます。

特に身長の高い女性はニーショットでの撮影をするとスタイルのよさが伝わります。

バストアップ

女性

バストアップはバストが見える位置で画面を切る撮り方です。

アイドルのブロマイド写真などでもよく見られるように一番多くの人に好まれる写真ではないでしょうか。

顔の表情がよくわかり、ボディラインが見えないため表情に視線が集まり女性の愛らしさが強調されます。

表情優先の写真を撮影したい時はこのバストアップでの撮影をおすすめします。

ただし、服装や衣装にこだわった撮影をしたい場合はややバストアップでは面白みのない写真になってしまいます。


何パターンか様々なショットで撮影してみると魅力的なショットが見つかるでしょう。

どのショットにしても被写体の女性が自分をどう見せたいか・写真を見る人は被写体の女性のどこに魅力を感じていて何を見たいのかで撮り方も変わってきます。

撮影前に事前にどのように撮りたいか相談をしたり、自分はその女性のどこに魅力を感じているのか頭の中でまとめておくとスムーズに撮影できるでしょう。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。