人を惹きつける写真は「光」が違う!表現力をアップするにはこうする

少女

プロの写真を見ると、構図が違うのはもちろんのこと、どこか惹きつけられる魅力を感じます。

「うまく説明できないけど、何かが決定的に違う」と感じる理由はおそらく「光」にあります。

プロは徹底的に写真を撮る時の光にこだわります。

なぜなら、光があって始めて被写体は形づくられ、姿をそこに表すからです。

以下では人を惹きつける写真を撮るために身に付けたい「光」による表現方法をご紹介します。

スポンサードリンク

光のあたり方は3つ

朝日

まずは被写体への光の当たり方が3つであることを覚えておきましょう。すなわち、順光、サイド光、逆光です。

多くの方は、撮影の際、逆光を避けるべきであることはご存知のことと思います。

しかし、逆光がどんな場合でもNGなのかというとそういうわけではありません

人物を柔らかなイメージで撮りたいときはあえて逆光にすることもありますし、料理や植物を撮るときにはやはり逆光によって自分が持っているイメージと近いものが撮れることもあります。

これに対して、順光とはカメラ側から光が被写体にあたるため、はっきり、くっきりと正確に撮影することができます。風景写真には順光が向いています。

サイド光は横側から光があたるため、明暗がはっきりと出て、メリハリのある写真を撮れます。

夕日を背景にして撮影してみる

夕日

夕日をバックにして手前に被写体を置いて撮ると、本来は逆光になってしまいます。

しかし、夕日の光は柔らかいため、光と影のメリハリがついてドラマチックな写真を撮ることができるのです。

といっても、後ろの夕日の光が強めで、手前の被写体の顔が暗くなってしまうことがあります。

そんなときは、カメラのフラッシュを使って、手前を明るくして撮影する方法があります。

この方法は「シンクロ」と呼ばれます。

ただ、カメラと被写体の距離が近かったり、フラッシュの光量が強すぎたりすると、被写体の顔が白くなってしまって不自然になるので、フラッシュの光を拡散させるデフューザーという機材を使うのも良いでしょう。

光が限られた場所での撮影

女性

光が足りない状況ですぐにフラッシュを使おうというのはまさにアマチュアの発想です。

プロはできるだけ、光が限れているとしても、フラッシュを使わずに自然光で撮影しようとします。

なぜなら、フラッシュを使って撮影するとどうしても写真が白く飛んでしまい、不自然になってしまうからです。

限られた光で撮るために設定すべきなのは「ISO」「シャッタースピード」「絞り」の3つです。

ISOとは光に対する感度のことで、これを上げれば上げるほど、暗いところでも撮影が可能になります。

ただ、その分、ブレが生じやすくなるのが難点です。暗いところではISOは800か1600にしてみましょう。

シャッタースピードを遅くした場合のテクニック

少女

光の限られたところで撮影するために、シャッタースピードを遅くするのもひとつの方法です。

ただ、この場合ちょっとした手ぶれですぐにピンぼけの写真になってしまう可能性がありますので、三脚や一脚を使って、カメラを固定して写真を撮ると良いでしょう。

どうしても固定できないなら、手でしっかりと構え、脇をしめ、息を吐きながらシャッターを押すと手ぶれを防ぐことができます

上に挙げたようなテクニックを少し覚えておくだけで、今持っているデジカメの機能も最大限に引き出すことができます。

なんでもかんでもオートに任せるのではなく、マニュアルで設定してみることによってカメラの楽しさを味わうことができますし、光が絵画における絵の具のように、一枚一枚の写真に違った表現力を与えてくれることを実感できるでしょう。

是非、紹介したうちのいくつかのテクニックを試してみてください。

劇的に違った写真が撮れるはずです。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。