カメラで料理写真を綺麗に撮るには?

肉

カメラを持っているなら一度は料理の写真を撮ってみたことのある方が多いでしょう。

旅行の食事の記録はもちろん、日々の食事を綺麗に写真に撮ってSNSにアップしたらたくさんいいね!がもらえそうです。

しかしながらどうも料理の写真ってうまく撮れない・・・とお悩みの方が多いですよね。

スポンサードリンク

光を意識する

野菜

「せっかく撮ったけどなんだかおいしそうに見えない・・・」と思う写真を見てみると大抵の写真が暗くて料理のあたたかさやおいしさが伝わらない写真であることがまず多いです。

これではせっかく撮った写真でも台無しですね。

では、どのようなことを意識して撮影すれば良いのでしょうか。

料理の撮影に最も適しているのは自然光です。が、そうはいってもバーベキューやカフェのテラス席などのように、いつも自然光の中で撮影できる環境とは限らないものです。

レストランでしたら窓際の席に座ると自然光が当たり、綺麗な写真が撮れます。

レストランによっては屋内だったり、暗めの照明の店舗、照明がやたらテーブルに近い店舗もあり、料理の写真を撮るには環境ごとにテクニックが入ります。

全体的に暗いレストランであれば照明の下に料理を持っていって撮影すると写真が真っ黒で料理がなんだかよくわからないということにはならないはずです。

照明の当たり過ぎにご注意

照明が当たりすぎると光が料理に反射して料理が全体的に赤っぽくなってしまったり思うような写真にならないものです。

肉眼で見たような光景に近づけるにはカメラの露出補正を使って調整しながら撮影するのも良いでしょう。

雑物は写しこまない

焼き鳥

SNSなどで人が撮影した料理写真を見ていて気になることはありませんか。

例えば、飲食店などで出されるおしぼりやストローの袋、灰皿、伝票、コップ、使ったナプキンなどが料理写真に入りこんでいるとどうしても生活感のようなものが醸し出されて料理よりもそちらの方が気になってしまうかもしれません。

また向かいの席の人物が中途半端に写っているとなんとなく気になってしまいますね。

料理の写真を撮るならば主題は料理だけと決めて画面にできるだけ余計なものを写しこまないようにしましょう。

おしぼりやストローの袋、灰皿や伝票、コップなどはちょっとどけるひと手間をかけるだけで料理写真に主体性が生まれますし、美的価値観から見ても綺麗に見えます。

画面に雑物が入りそうでしたらササッと撮影時にどけてから撮影してみるのも良いでしょう。

大げさすぎて恥ずかしい・・・という方は料理は全体で撮らず、アップで撮るなどあえて雑物が入らないような撮り方にしてみるのも良いですね。

時と場合によって撮り方を考えながら綺麗な写真になるように工夫してみましょう。

これだけでもよくある料理の残念写真からは脱することができます。

全体を写すだけが料理写真じゃない

肉

料理写真というとテーブルに並べられた料理全体を写す人がほとんどだと思います。

確かに料理の全体の様子は伝わります。が、おいしそうに見えるかというとその点ではあまりおいしさは伝わらないかもしれません。

テーブル全体の料理を写しこまず、あえてメインの料理を決めてメイン料理を中心にあとの料理は、画面に多少入る程度、或いは完全に入らなくてもOKくらいの感覚で撮ると綺麗な写真になります。

おいしく見せるにはなるべく大きく料理を写す方が料理の素材のおいしさ、あたたかさが見る人に伝わるのです。

素材のおいしさや色がよく伝わるアングルを探しながら、おいしそうと思うアングルでシャッターを押してみてください。接写で料理を撮影するとよりおいしさが見る人に伝わります。

とはいえ、あえて真上から全体を撮るのも雑誌のグラビア的でおしゃれには見えます。

この場合は中途半端なアングルではなく真上からきっちり撮るのがポイントです。

いくつかアングルを変えて撮っておくのもおすすめです。

何枚か撮影しておけば帰宅してピンボケしていた、ブレていた・・・ということも防げます。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。