ハロウィンの仮装を写真に残そう!

ハロウィン

最近は日本でもハロウィンを大々的に楽しむ人が増えてきていて、仮装も年々本格化してきています。中にはこの日のために、前々から大掛かりな準備をしている人も少なくないことでしょう。

今回はそんな気合の入った仮装をしっかりと思い出に残す方法をご紹介します。

スポンサードリンク

そもそもハロウィンってどんな行事?

ハロウィンは宗教的な意味合いの強い行事ですが、近年は民間行事として親しまれています。

毎年10月31日に子どもたちが魔女やお化けに仮装して近所の家を回ってお菓子をもらったり、かぼちゃをモチーフとしたちょうちんを飾ったりしてお祝いします。

どちらかというとホラーテイストの仮装をするのが定番のため、映画やゲームなどの悪役、日本ならではの古風なお化けなども人気があります。

とにかく普段はできないような格好を思いっきりできるため、子どもだけでなく大人までも本格的に楽しむ様子が見られます。地域によっては街をあげてイベントなどを行うこともあり、こうなるとその日は人の多い駅前などを歩くだけで、たくさんのお化けに出会うなんてことも珍しくはありません。

特に都心のような都会ほどその傾向がみられ、平日であっても電車の中や街中に仮装した人が普通に歩いていることも。

近年のハロウィン事情

近年ではその仮装の幅が広がり、本人がなりたいものになるという考え方も広まりつつあります。そのためいわゆる悪役以外のヒーローもの、着ぐるみものなども子どもを中心に広まりつつあります。

これらは仮装というよりはコスプレの扱いともいえますが、この日だけは特別という思いからか、皆楽しんでいるようです。

仮装衣装はどこで手に入れる?

仮装

本格的に仮装をするとなると、問題になるのが衣装の入手方法です。定番なものはインターネット通販やコスプレ衣装を扱うお店などで手に入れることができますが、やはりやや高め。そのため手作りをしたり、レンタルをしたりして楽しむ人も多いようです。

衣装のレンタルならば、写真スタジオや写真館でも可能。特に衣装の豊富さやセットに力を入れている写真館なら、ハロウィン用の衣装も用意していて、特別なセットで記念写真をとることもできます。

仙台の泉区や青葉区でも仮装をする人が多いでしょうから、ぜひ近所のフォトスタジオでこれら衣装のレンタルがないか問い合わせてみましょう。

中には専用のメイクを施してくれるところもあるので、本格的な仮装写真をバッチリと思い出に残すことができますよ。

仮装するならやっぱりそのまま外に出てみたい!

仮装

ハロウィンの仮装の醍醐味は、やはりその格好のまま外を出歩いて、いつもとはちょっと違う日常を楽しむことかもしれません。

そうなると写真スタジオ内だけの撮影では物足りなく感じることでしょうから、外に衣装を貸し出してくれるサービスを行っているところを探してみましょう。

実際にこう言った需要は多いので、追加料金等を出すことで対応してくれるところは増えています。特に子どもが近所にお菓子をもらいに行くときはお気に入りの仮装をしていきたいでしょうから、親が積極的に協力してあげるといいでしょう。

ただしハロウィンイベント以外で派手な仮装をして外を出歩くと、場合によっては警察に呼び止められてしまうかもしれません。特に大人はやりすぎに注意しながら、上手にハロウィンイベントを楽しむようにしましょう。

外で楽しんだ後は家で撮影会!

ハロウィンを友達同士で食事をして楽しんだり、家で家族そろってケーキを食べたりする家庭も多いことでしょう。そのときも仮装をしているのなら、みんなそろって写真撮影することでさらに思い出も倍増しますね。

写真館で皆で撮影できれば一番いいのですがもしそれができない場合は、食事時など皆が集まったときに撮影会をして楽しみましょう。

今ならスマホやデジカメで撮影&加工できますから、たくさんのお化けやヒーローキャラなど、他では見ることのできないようなキャラクターのコラボ写真まで、実に楽しい写真がたくさん撮れるはずです。お互いに撮りあっこしながら、ぜひすてきな写真をたくさん残してみてください。

年々仮装に力を入れる人が増えているハロウィンイベント。もしあなたがまだ本格的に仮装をしたことがないのであれば、今年こそぜひ家族や友人と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。