赤ちゃん誕生前に覚えておきたい「お宮参りのやり方」

お宮参り

赤ちゃんの生誕一カ月を産土神(うぶすながみ)に感謝し報告することを、日本ではお宮参り(初宮参り、初宮詣)といいます。

この頃は何かと忙しい時期のためパパはママはそれどころではないと感じてしまうかもしれません。しかし赤ちゃんのための大切な行事ですから、以下でそのやり方を覚えてぜひ積極的に行ってみましょう。

スポンサードリンク

日本ならではの風習「お宮参り」

お宮参り

記念行事などはその国や地域文化によって違いがありますが、お宮参りは日本ならではの風習。

赤ちゃんの誕生と成長を願い、パパとママ、さらには父方の祖母が付き添い神社にいくのが基本です。ただし最近は比較的自由な方法がとられており、母方の祖母が付き添ったり、祖父母が付き添ったりすることも。基本的に必ずしも伝統にあわせる必要はありませんから、皆で話し合って一番良い方法を選ぶといいでしょう。

お宮参りをする時期は地域によってやや違いがありますが、一般的には男の子が31日か32日、女の子が32日か33日頃となっています。ちなみに京都では女の子が早くお嫁に行けるように男の子よりも早くにお宮参りをする傾向があるので、パパとママの実家の風習なども参考にしましょう。

地域によって風習の違いがあるので、両親などに相談してみるのも良いですね。

お宮参りの服装は?

赤ちゃんは「白羽二重(しろはぶたえ)」と言われる産着と内着がセットになった着物を着て、紋のついた祝い着を、背中を覆うように羽織ってかけ紐を結ぶのが正式な服装です。しかしこういった特別な服は利用する機会がほとんどないため、購入するのはちょっともったいないもの。

そこで赤ちゃんの何度かある記念日に着まわせるようなベビードレスを着てケープを用意するなど、正式な服装にとらわれない祝い方も増えてきました。

さらに近年は服のレンタルサービスも充実。ベビー用品のレンタル品をそろえているところなら、お宮参り用の服も用意しているでしょうから積極的に活用してみるといいでしょう。

パパやママも正装となりますので、用意を忘れないようにしましょう。

服をレンタルしながら写真も撮ろう

お宮参り

お宮参りでぜひオススメしたいのが、写真館や写真スタジオによる記念写真の撮影です。一カ月検診を過ぎるまではなかなか外に出る機会がなかった赤ちゃんとママも、ぜひこのタイミングで一度外に出て、成長を願うとっておきの一枚をプロに撮影してもらいましょう。

まだこのころの赤ちゃんは起きている時間がほとんどないため、写真撮影時も寝ているかもしれません。しかしある程度大きくなってくると、人見知りをしたり機嫌が悪くなって泣いてしまったりと逆に撮影がしづらくなることも。

そういう意味では、おとなしく静かに撮影できるのは今だけですから、赤ちゃんが疲れてしまわない程度に短時間でササッとすませてみましょう。

子供向けの記念撮影を行っている写真館や写真スタジオでは、お宮参り用の衣装も用意されているでしょうから、レンタルの手間も省け一石二鳥です。

仙台であれば青葉区や泉区でこういったフォトスタジオを見つけることができるでしょうから、ぜひインターネットを利用して探してみましょう。

行事を省略するときこそ記念を残そう

赤ちゃん

お宮参りは昔からある日本の風習ですが、最近ではこういった行事を省略するケースも多くみられます。これは各家庭の考え方や暮らし方の違いも影響しているためであり、やるやらないは人それぞれ。パパかママの独断で考えるのではなく、家族と相談して決めるといいでしょう。

また、もし省略する場合でも記念や思い出に残るようなものは残しておきたいもの。

すてきな思い出になるような行事を企画を!

風習にとらわれず、フォトスタジオの利用だけにするのもいいですし、寒い時期で外に出るのは難しいということなら、家の中でオシャレをして家族で写真撮影するだけでもいいでしょう。

お宮参りは赤ちゃんが生まれてすぐにある大事な行事のひとつです。赤ちゃんが大きくなったとき話して聞かせてあげられるようなすてきな思い出を作ってみてくださいね。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。