こどもの日、ひな祭り……節句の種類と祝い方

節句

赤ちゃんが生まれると、初節句を祝う風習がある地域も多いことでしょう。しかし節句はこどもの日やひな祭りだけではないことをご存じでしたか?

ここでは節句の種類と祝い方をご紹介しますので、小さな子どもがいるパパママはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

節句とは何か

節句とは季節の節目であり、伝統ある年中行事を行う日のことを言います。

伝統ある年中行事は多々あるものの、江戸時代に公的な行事として決められたのが五節句。中でもこどもの日とひな祭りは子どもを祝う行事として現代でも広く知られています。

五節句の種類と日にち

1月7日 七草の節句
3月3日 桃の節句(ひな祭り)
5月5日 菖蒲(しょうぶ)の節句(こどもの日)
7月7日 七夕
9月9日 菊の節句

桃の節句にまつわる話

ちらし寿司

3日3日は桃の花が咲く時期であることから、和名で桃の節句と呼ばれています。女の子の成長を祈る行事であり、ひな人形の段飾りを飾って祭りをします。

ひな祭りには諸説ありますが、平安時代ごろから存在していたとも言われ、多くの人が知っている非常に歴史ある日本の行事といえるでしょう。そのため地域によってさまざまな風習があり、人形の飾り方、食べる料理なども違いがみられます。

しかし現代の住宅事情では大きな段飾りを飾るのは難しいことから、その家庭に合わせて女の子が喜ぶような飾りやお祝いをするのが望ましいでしょう。

桃の節句の料理としては、菱餅や雛あられ・ちらし寿司などが一般的です。

端午の節句にまつわる話

柏餅

5月5日は端午(たんご)の節句と呼ばれることもあります。菖蒲の節句は和名であり、端午は漢名。このことからもわかる通り、端午はもともと中国の風習であり、日本に入ってきたときは女性の節句として扱われていました。

そののち鎌倉時代ころに菖蒲の葉が剣の形に似ていることから男性の節句として扱われるようになったのです。

鎧・兜・刀をあしらった五月人形や鯉のぼりを飾って祭りをし、かしわ餅やちまきを食べる風習が一般的です。

初節句を記念に残そう

初節句とは文字通り、赤ちゃんが生まれてきてから初めての節句のことで、男の子は5月5日、女の子は3月3日に祝います。

正式には親戚や仲人、さらには名づけ親などが集まって五月人形やひな人形を飾り、子どもに陣羽織を着せて祭りを行いますが、現代ではその家庭に合わせた簡略的なもので構わないでしょう。特に赤ちゃんの頃は一日一日の成長が目覚ましく記念行事も多いので、初節句もぜひ同様にお祝いしたいところです。

もし五月人形やひな人形を祖父母から贈られたのであれば、家に招いて一緒に食事を楽しむのもいいですし、写真館や写真スタジオでそろって記念撮影をするのもいいでしょう。

仙台の泉区や青葉区にある写真館では、子ども向けの記念撮影プランが多数用意されており、桃の節句や端午の節句用のセットや衣装も多数用意されていて便利です。

特に節句用の人形や衣装は高価なものが多く、置き場所に困ったり、あまり使う機会がなかったりするもの。そのためレンタルを利用したり、写真スタジオのものを利用したりすることで高価なものを無駄にすることもなく、上手に使いなすことができます。

写真もしっかりとっておけば思い出として一生残りますから、ぜひ現代ならではの便利なサービスを使いこなしてみましょう。

子どもの月例に合わせて初節句を祝おう

鯉のぼり

初節句は子どもがいつ頃生まれたのかによって、印象が大きく変わるはずです。例えば2月生まれの女の子なら3月3日はまだ新生児ともいえる時期で、ほとんど寝てばかりのはず。場合によってはママも疲れ気味で、ゆっくり初節句を祝う余裕もないかもしれません。

このように、もしタイミング的に初節句を祝うのが難しいということなら、あえて来年に行うというのもひとつの手です。

その頃には育児もかなり慣れて、赤ちゃんも立っちができる子も多く、身長も大きくなって節句用の衣装もしっかりと着こなせるはず。これならフォトスタジオでの写真撮影も見栄えの良いものが撮れますから、きっと良い思い出になるでしょう。

初節句だからといって必ず最初にやる必要はありませんから、自分たちで良いと思うスタイルを選んでみてください。

節句のお祭りを何歳までやらなければいけないという決まりはありませんが、子どもが小さいうちは積極的に何らかの行事をする家庭が多いようです。初節句以降もぜひその家庭なりのお祭りを行い、毎年の節句を特別な日にしてみてくださいね。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。