還暦、古希、喜寿…「長寿のお祝い」は家族みんなで楽しもう

夫婦

かつては”人生50年”と言われ、「長寿のお祝い」と言うとよくぞここまで長生きをしたという意味合いが強いものでした。

しかし最近は年をとっても元気な高齢者が増え、まだまだ前向きに仕事や趣味などの人生を謳歌している人も多くいます。

そんな今だからこそ家族集まり楽しく盛大に「長寿のお祝い」をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

知っておきたい「長寿のお祝い」の歴史

高齢者

日本で初めて長寿のお祝いをしたのは奈良時代。

僧の良弁が聖武天皇の40歳の御齢を華厳経をあげてお祝いしたのが始まりです。

当時の平均寿命は30歳前後と短命で40歳と言えば長生きした初老であるという位置づけでした。その後40歳でお祝いすることを「初老の賀」と言うようになったのです。

もともと中国では長寿を尊ぶ思想と敬老の思想があり、この長寿の祝いは元服と婚礼とともに三大祝儀として盛大にお祝いする風習がありました。

これが日本に伝わり、40歳から十年ごとに「初老の賀」、「五十の賀」、「六十の賀」をお祝いするようになりました。

鎌倉時代になると貴族の寿命がのびた影響もあり60歳から祝う現代の考え方に変わっていき、一般的に庶民の間でも祝うようになったのは江戸時代からといわれています。

ちなみに江戸時代の平均寿命は38歳でしたが、これは幼少期の死亡率の高さが影響しており、成人を過ぎた人の平均寿命は61歳でした。

現代の「長寿のお祝い」の種類と意味って?

高齢夫婦

還暦は陰陽五行説で十干と十二支が60年で一巡し、61年目で還ってくることから「還暦」といわれるようになりました。

この還暦ではもう一度生まれ変わるという意味もあるため、赤ちゃんのころに着ていた服というイメージから、赤い頭巾や赤いちゃんちゃんこを身につけお祝いする風習が出来ました。

赤色は生命の象徴の太陽の色で、魔除けの意味合いもあるため、今でも赤色のものを贈ると喜ばれます。

還暦をはじめとし、長寿の祝いの種類はたくさんあります。最近は60代だとまだまだお年寄り扱いされたくない人や、仕事をしている人も多いため、古希から祝い始める人も多くなってきました。

誕生日や敬老の日に祝いますが、一年間はおめでたい年としているため遅れて祝っても構いません。

数え年で祝うしきたりはありますが、現在は満年齢で祝うことがほとんどです。

  •  還暦(かんれき):61歳…生まれた年の干支に戻ることから。別名「本卦がえり」。
  •  古希(こき):70歳…中国の詩人杜甫の詩「人生七十古希稀なり」に由来。
  •  喜寿(きじゅ):77歳…「喜」の文字を草書体にすると七十七と読めることから。
  •  傘寿(さんじゅ):80歳…「傘」の文字の略字を分解すると八十と読めることから。
  •  半寿(はんじゅ):81歳…「半」の文字を分解すると八十一と読めることから。
  •  米寿(べいじゅ):88歳…「米」の文字を分解すると八十一と読めることから。
  •  卒寿(そつじゅ):90歳…「卒」の文字の略字を分解すると八十と読めることから。
  •  白寿(はくじゅ):99歳…「百」の文字から「一」を引くと「白」になることから。
  •  百賀(ひゃくが):100歳…百歳からは毎年祝う。百歳から先は「百一賀」という。
  •  大還暦(だいかんれき):120歳…二回目の還暦をむかえるため。

どのようにお祝いするの?

祝い膳

長寿のお祝いは本人の健康状態を考慮しながら家族や親族を招き盛大にお祝いをしましょう。

祝い方に特別なルールはありませんが、本人が好きなものや実用的なもの、身につけるものや趣味関連のものは喜ばれます。

お勧めなのがお祝いの場で写真を撮ることです。年を重ねていくと、より家族との繋がりが嬉しくなるものです。

人によっては「年をとった姿を写真にしたくない」と考える方もいるかもしれませんが、子どもや孫に囲まれた写真を撮ることはきっと素敵な思い出となります。

写真館に赴き撮影してもらうと、よりきちんとした印象の写真を撮ることもできますし、適度な修正などを加えて綺麗な写真として残す事が出来ます。

仙台市青葉区・泉区にも多くの写真館やフォトスタジオがあります。お祝いをする高齢者の負担とならない近い店舗を選ぶか、出張撮影が出来ることもあるため相談することをお勧めします。

昔と違い、共に暮らすのではなく離れて住むことが多くなった「おじいちゃん」「おばあちゃん」。家族の絆や家族の大切さを感じられる機会を作ってあげることが、一番のお祝いとなりますよ!

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。