七五三は何歳にどの場所でやる?

七五三

子どもの年中行事として知られている七五三。その文字通り7歳と5歳と3歳に子の成長を願って祝いますが、なぜこの年齢なのか、一体どこでどうやればいいのかいまいちわからないというパパやママも多いのではないでしょうか。

ここではそんな悩みを解消すべく、七五三にまつわる情報をまとめました。

スポンサードリンク

七五三の由来と年齢が意味するもの

七五三は江戸時代、徳川綱吉の長男に対して行ったのが始まりといわれており、11月15日(寒冷地は一カ月早まる)に神社やお寺などで子供の成長を祝います。本来は数え年で行いますが、現在では万年齢で行うケースが増えています。

時期が近づくと神社やお寺では、七五三用のお参りやおはらいを行ってくれるところが多いですから、事前に調べておくといいでしょう。人気の場所では、土日など予約がいっぱいになる可能性もあるので注意。謝礼(費用)は5,000円ほどが一般的です。

七五三は本来年齢に合わせて、それぞれ別の行事を行います。以下は発祥とされる関東での方法です。

  • 三歳 「髪置きの儀」 髪をそる習慣を終了する儀式 主に女の子がやる
  • 五歳 「袴儀」 袴を着用し始める儀式 男の子がやる
  • 七歳 「帯解きの儀」 大人と同じ、幅の広い帯を使う儀式 女の子がやる

ただし上記はあくまでも昔の風習であり、現在では髪をそったり袴を日頃から着用したりということはありませんから、各年齢で七五三を行うということだけ覚えておけばいいでしょう。

また、必ずしも三歳と七歳に女の子が、五歳に男の子がやらなければいけないというわけではありません。

中には3回とも行うケースもありますし、兄弟が多ければそれぞれ1回だけにするということもあります。各家庭で良いと思うやり方で構いませんので、子どものためにもぜひしっかりとお祝いをしてあげましょう。

七五三の服装

七五三

基本は和装の晴れ着スタイル。なかなか和装をする機会はないため、子どもはきっと大はしゃぎになることでしょう。男の子ならカッコ良く、女の子ならうんとかわいい衣装を選んであげるといいですね。大人も基本はフォーマル衣装ですが、子ども以上に目立つようなことのないようにしましょう。

また、七五三は初めて化粧を施す機会とも言われています。衣装レンタル店や美容院では和服の着付けとメイクをまとめてやってくれるところも多いですから、ぜひ積極的に利用しましょう。


少し意外な方法ですが、写真館や写真スタジオでも衣装のレンタルができて、メイクも行ってくれるサービスを行っているところがあります。もちろんフォトスタジオなのでそのうえで写真を撮るのが本来の目的なのですが、追加料金を支払うことでその衣装+メイクのまま、神社やお寺まで行けることも。

仙台の泉区や青葉区に住んでいる方は、こういったサービスを実施しているフォトスタジオを見つけられれば、きっと大満足の一日になることでしょう。


もちろんレンタルやプロによる着付けやメイクを頼らず、すべて自分たちでやるという方法もあります。ママお手製のすてきなドレスを作って、自宅でメイクを施してあげるのもいいでしょう。男の子も本人が喜びそうなオシャレな服を選んで、それを着させてあげれば喜ぶはず。

近年ではこういった行事で大人の方が気合が入りすぎてしまうケースも目立ちますが、あくまで主役は子どもたちです。本人たちが一番喜ぶようなスタイルを選ばせてあげて、それに親が合わせるようにしてみるといいでしょう。

もらってうれしい千歳飴と風船

七五三

七五三では普段着ないようなすてきな服装ができるだけでも、子どもたちにとっては楽しい一日。しかし神社やお寺に行ったあとにもらえる千歳飴や風船は、さらに子どもたちの機嫌を良くするスペシャルアイテムでもあります。

特に千歳飴はこの時初めて目にするという子も多いはず。ぜひこれらをもらうためにも、神社やお寺には足を運ぶようにしましょう。

自宅に帰った後は、ママの腕を振るったごちそうを食べるのもいいですね。

三歳、五歳、七歳といえば、子供の成長が目覚ましくなる時期でもあります。今後も健やかに育ってくれるように、ぜひ思い出に残るような七五三を行ってみてくださいね。

スポンサードリンク


もしよければ、ランキングで応援お願いします。


写真スタジオ ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。